CHECK

配偶者も親族も加入対象!?一人親方労災保険のお役立ち情報を分かりやすく解説

このサイトでは本来、労働者災害補償法上の被保険者にはならないフリーランスの方本人とその家族の方でも、安心して個人事業主を継続する上でお役にたつコンテンツを御紹介しています。
建設業や製造業で多い傾向のある、いわゆる「一人親方」ですが、本人はもちろん親族も対象にならない労災保険制度の隙間について注意して欲しいという内容になっています。
労働基準法上では労働者ではありませんが、特別加入制度を活用すれば加入対象は家族にも。

配偶者も親族も加入対象!?一人親方労災保険のお役立ち情報を分かりやすく解説

一人親方は、労働者災害補償制度の対象にはならないことが、ネックになっています。
なぜなら一人親方は労働基準法上の「労働者」に該当しないことから、フリーランスの立場とはいえども労災事故に遭遇したときに、必要な所得保障や傷害補償をうけることができない境遇に置かれているからです。
一家の主人になる一人親方が労災にあってしまった場合に、労災加入労働者と同等のケアを期待できるのが特別加入制度です。
経費は社会保険料控除になり、家族も加入対象になるだけに絶対に加入するべき制度といえます。

一人親方労災保険は請負工事の際の機械などを自宅から工事現場まで運ぶ場合も補償対象

元請けの仕事を請け負っている際に事故にあっても、一人親方は、労働基準法上では元請けの労働者としては認められない為、元請けの労災保険は基本的に使えません。
労働災害保険の目的は労働者の保護の為にあります。
自分が元請けで仕事を請け負った場合も、一人親方は労働者ではなく、経営者側とみなされるので対象外です。
その為、一人親方は労働災害の特別加入をすることがリスク管理上必要になります。
特別加入で、自分が元請けであっても、業務中、通勤途上の事故が補償されます。
下請けのケースで請負工事の業務中の災害も対象で、自宅から現場まで受諾品を運ぶ場合の移動中や通勤中の事故も補償範囲に含まれます。
治療費を受けられる療養給付、治るまでの休業補償、障害が残ってしまった時の障害補償、死亡給付金などの給付が受けられますが、労災は自動車保険における自賠責の様な位置づけです。
必ず入るべきものですがそれだけでは安心できません。
民間の上乗せ補償などもあわせて加入している人が多くいます。

請負契約に基づくものが明確な作業を自家内作業場で行う場合一人親方労災保険は補償対象外

一人親方は労働者を雇用せずに、自分自身や家族だけで仕事を行う事業主であり、個人事業主の場合もありますし法人の場合もあるなど様々です。
事業内容は建設業や個人タクシー運転手、林業など色々なものがありますが、一人でも雇用している場合は個人や法人に関係なく労災保険への加入義務があります。
その点、一人親方はその加入義務がないこと、労働基準法上での労働者とみされないなど加入できないデメリットもあり、万が一の補償を得られるのが一人親方労災です。
建設現場と自宅の間での事故やケガ、現場でのケガなどに対する補償になるわけですが、自家内作業場で行うものについては対象外です。
自家内作業場で請負契約に基づかない製造作業、建具の製造などのように販売を目的に行う行為は対象から外れます。
請負工事に必要な設備機器や製品など自宅から工事現場まで運搬するときは対象になる、いくつかの条件があるため加入する前にそれぞれの要件を確認しておくと安心です。

建具製造など自宅作業場で行うものは一人親方労災保険は補償の対象にならない

一人親方労災保険は、いくつかの条件を見たいしていることで加入することができますが、これに加えてチェックしておきたいことはどのような行為が補償に含まれるものなるのか、といった部分です。
例えば、自宅から工事現場に向かう途中で資材を購入したり、資材店から工事現場までの間は業務災害の形で対象になります。
直接附帯する行為の場合は、生理的・反射的・準備および後始末・必要や合理的・緊急業務などの各行為に該当し、荷物の積み下ろし作業や運行中の作業者の故障および修理などが該当します。
一人親方の補償の中には自宅内作業場で行うものは除外されるといわれており、販売を目的にしている建具製造作業は補償の対象から外れます。
請負契約に基づくものは補償に含まれるのですが、特別加入者が自宅の補修を行うときや請負契約に基づかないものは対象から外されるなど、一人親方労災には色々な条件により補償が行われるものと除外されるものがあるため確認が大切です。

一人親方労災保険制度とは?加入できる人の特徴を簡潔に解説

一人親方労災保険制度は、一人で建設業に従事する人が利用できる保険制度です。
企業に勤めるとその会社が加入している労災保険を使いケガや事故などの保障をはじめ、ケガの治療などの保障を得ることができます。
しかし、一人親方の場合は必ずしも保険制度を使うなどの義務がないので企業に属さない人は加入していないケースがあり、ケガを負ったときの入院費や治療費などを自己負担しなければならない、このようなデメリットもあります。
一人親方は、文字通り一人で建設業を営む人を指しますが建設関係の仕事をしていて労働者を使用してない事業を行う人、およびその家族従事者であり専従者と一人親方の配偶者および同居親族も対象になります。
なお、個人や法人などに関係なく利用できます。
会社に雇用されずに個人で仕事を請け負っている、特定の元請け企業に所属しているけれども、その会社と請負で仕事をしている、グループで業務を行うけれども互いに雇用関係がないなどの条件を満たす人が対象です。

一人親方,労災に関する情報サイト
一人親方労災保険のお役立ち情報

このサイトでは本来、労働者災害補償法上の被保険者にはならないフリーランスの方本人とその家族の方でも、安心して個人事業主を継続する上でお役にたつコンテンツを御紹介しています。
建設業や製造業で多い傾向のある、いわゆる「一人親方」ですが、本人はもちろん親族も対象にならない労災保険制度の隙間について注意して欲しいという内容になっています。
労働基準法上では労働者ではありませんが、特別加入制度を活用すれば加入対象は家族にも。

Search